2012年6月3日日曜日

21世紀の若き超絶技巧の職人 長谷川智彩! ★再放送6月6日

以前、截金 (きりかね)の記事で、江里佐代子氏を紹介しましたが、先日NHKの「極上美の饗宴」でボストン美術館所蔵の仏画「馬頭観音菩薩像」の復元をする截金師が紹介されました。
超絶技巧に挑む現代の第一人者として出演された方が長谷川智彩さん(はせがわ ちさい)でした。

この再放送はNHK BSで6月6日(水)午前8時~9時にあります。

1969年生まれの 長谷川智彩、こと長谷川幸子氏は、美術工芸高校を卒業後、当世の大佛師、松本明慶師に入門します。厳しい修業時代を経て師匠に「智彩」を名乗ることを許されて26才で独立。工房では親方として仕事の指示を与え、自分の持っている技術を弟子に伝え自分自身も制作に精進を続けている素晴らしい女性です。

以前にBS-TBSの「超人」 (あらゆる分野の超人たちの技に迫る映像ドキュメンタリー)で、取り上げられましたので、詳しくは、BS-TBSの「過去の放送」の#115 「一瞬前の自分を超える」 佛像彩色師/長谷川智彩(はせがわ・ちさい) (2008年1月27日放送)をご覧ください。


 「 智彩堂の朝、まず、仏の宇宙を描いたお経を読み、自分たちの目指す世界を確認する。」
静かで凜とした工房の空気の中で制作する職人さんたちの鼓動が聞こえるような気がしました。