2013年2月11日月曜日

あっぱれ北斎!光の王国展


あっぱれ北斎!光の王国展  201311日から331日までフェルメール・センター銀座で開催されています。
北斎の冨嶽三十六景、諸国瀧廻りの全作品を最新のデジタル技術で、180年前の色彩を再創造して、拡大版と原寸版に再現した展覧会です。

新年の「めでたさ」もあってか、北斎は1月から美術番組でたびたび取り上げられていました。私も北斎の大胆な構図やベロ藍の美しい青などが好きなので、楽しみにしている展覧会です。

しかし、彫り師の方が「北斎の線」と呼んで細部に渡って気を配っている、あの勢いのある独特な鋭い線は、刺繍で表現することはとても難しく、北斎の作品を模写して刺繍するのは手をつけられませんでした。あの線は刀で彫られ表現したときに生きる線描写なのでしょう。

最近の美術展の音声ガイドは単に作品解説だけでなく、楽しい工夫がされています。「光の王国展」では、小林薫と宮沢りえが北斎父娘に扮してガイドしているそうなので、それもまた、楽しみの一つです。