2014年12月21日日曜日

絵画を模写する時の同一性保持権

  日本刺繍で浮世絵などの絵画作品を模写する場合の著作権について、以前セミナーに参加して勉強した内容を、ブログ゛ 絵画、浮世絵を日本刺繍で模繍する際の著作権について  」にまとめました。

 法律の専門家ではないので、色々勉強して注意しないとならないと思い、その後も時々著作権のお話を伺ったり、本を読んだりしていました。そうすると「同一性保持権(著作者人格権)」にも注意しないとならないそうです。

 著作権の切れた絵画などの作品でも、「同一性保持権」という権利は消滅しないそうで、これは著作権法60条で定められており、著作権消滅後も絵画に勝手に改変を加えてはいけないそうです。

 日本刺繍では、絵画を模写しても技術的に絹糸と絹地では、絵画と完全には同じにできない場合があります。ですが、著作権法60条に「その行為の性質及び程度、社会的事情の変動その他によりその行為が当該著作者の意を害しないと認められる場合は、この限りでない。」という規定があります。これに沿って構図を変えずに技術的に可能な限り忠実に模写して、改変にあたらないように注意して作品を作らなければならないようです。

  逆に改変した内容が、芸術性、創作性を伴う内容であれば、二次著作物と認められるそうです。
 ですが、創作性がないような線を増やしたり、減らしたり、位置を多少移動したりして構図を変えることは、程度によりますが、同一性保持権違反(著作者人格権違反)になってしまいます。
ましてそのような創作性がないような変更で、二次著作権を主張したりすると法律違反行為になってしまう可能性大のようです。

  このあたりは裁判の判例が色々あり、上記の理解とあっているようですが、正確にはもちろん専門家にお聞きしなければなりません。 

日本 刺繍作品のデザインをするうえで、絵画の模写は著作権に注意しないとなりませんね。
日々勉強です。


著作権法60条:
「著作物を公衆に提供し、又は提示する者は、その著作物の著作者が存しなくなった後においても、著作者が存しているとしたならばその著作者人格権の侵害となるべき行為をしてはならない。ただし、その行為の性質及び程度、社会的事情の変動その他によりその行為が当該著作者の意を害しないと認められる場合は、この限りでない。」